2017 Rd.2 CHINA

20170404-01

 

 英国Autosport.comがエリック・ブリエのコメントとして中国GPではマクラーレン・ホンダの弱点が露呈するという記事を報じているが、その根拠となっている「長いバックストレートの2/3でディプロイメントが切れるため」というのは大きな間違いだ。この点について、改めて検証しておこう。

 

http://www.autosport.com/news/report.php/id/128776/mclaren-braced-for-even-worse-chinese-gp

http://www.as-web.jp/f1/104747?all

 

 確かに上海のバックストレートは1.17kmと全サーキットの中でも最長の全開区間を誇る。しかし、サーキット全体の全開率はルノー調べで52%と、メルボルンの66%に比べてパワーユニットにそれほど大きな負荷が掛かるわけではない(ストレートの長時間全開時にはターボやMGU-Hに熱的負荷はかかるが)。マクラーレン・ホンダ自身の予想でも全開率は55%と、2017年基準でいえばかなり控え目な数値になっている。メルセデスAMGに至っては42%というかなり低い全開率を予想している。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。