2017 Rd.1 AUSTRALIA

20170326-05

 

 開幕戦オーストラリアGP決勝でサスペンション破損というトラブル(チームの公式発表はフロア破損)に見舞われたマクラーレン・ホンダMCL32だが、今回のサスペンションに限らずそれ以外にも発生してきた様々なトラブルの原因ではないかと見られているものがある。それは、MCL32の設計コンセプトに関わるものだ。

 

 マクラーレンは公式発表では左フロントブレーキダクトの破損からフロアにダメージが及んでリタイアとされているが、実際には「フロントサスペンションのある箇所が折れていた」という。マシンが左に傾いていたといい、「走行中に左に引っ張られるような感触があった」というアロンソの言葉とも一致する。

 

 この原因として考えられているのが、マシンの過度な軽量化だ。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2017年8月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031