2017 T2 BARCELONA TESTING

20170312-01

 

 2017年の開幕前合同テストを全て終え、2017年型ワイドタイヤについてピレリのマリオ・イゾラに聞いた。

 

 グリップレベルが向上した一方で、デグラデーションがゼロだと言われるのは本当なのか? どのレースも1ストップの退屈な展開になるのではないか? それとも従来のイメージとは異なる全周回ともプッシュできるタフなタイヤに仕上がっているのか? 2017年のレースを占うタイヤ特性について、合同テストで分かってきたことを解説してもらった。

 

ーー先週の時点では、今週はマシンが速くなりデグラデーションの状況も変わるのではないかという予想でしたが、2回目のテストを終えてタイヤの状況はどうだったのでしょうか?

「今週のテストでさらに多くのデータが収集できたが、状況に大きな変化はなく、デグラデーションは非常に小さいままだよ。タイヤの基本的な特性については、私はオーバーヒートとは呼びたくないが、セクター3のような場所でタイヤにストレスをかけ過ぎればそれと同じような状態になりグリップが低下する。ドライバーがタイヤを攻めすぎてグリップのロスを感じることもあるが、今年のタイヤはそこからグリップを回復するまでが速くなっており、1本ストレートを走るうちに充分にグリップを回復することができる。オーバーヒートが完全になくなったわけではないが、ドライバーたちからの評価はかなりポジティブだ。我々の開発目標のひとつであったその点が達成できていることは確認できている。このコンディションが最も合っていてきちんと機能しているソフトで、特にはっきりとこの特性が確認できている」

 

ーー各コンパウンドの性能差は?

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2017年8月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031