2017 T2 BARCELONA TESTING

20170309-04

 

 バルセロナ合同テスト3日目、ストフェル・バンドールンは電源系トラブルの部品交換のためわずか46周という周回数で、開幕前最後の走行を終えた。

 

 しかし1分21秒348というこれまでで最速のタイムを記録し、ホンダに対して極めて厳しい一方的な批判を展開した前日のフェルナンド・アロンソとは打って変わって、車体とパワーユニットの両面で開幕戦にアップデートを間に合わせるために両者が全力を尽くすべきだという姿勢を強調した。

 

 優等生的な当たり障りのないコメントに終始することの多いバンドールンだが、この日はアロンソの苛立った様子について聞かれ「苛立って何もしないでいるのが一番良くない」と指摘し、チームとして「work together」しなければならないと何度も繰り返したのが印象的だった。

 

ーー今日は何度もコース上にストップしましたが、どんな問題だったのでしょうか? それともプレコーション(安全予防策)で止めたのでしょうか?

「電気系トラブルだったけど、まだどんな問題だったのかは究明できていないんだ。チームとホンダがそれを調査しているところだ。だから現時点では僕にはこれという答えは分からないよ」

 

ーーベストタイムは1秒以上速くなりましたが、これはどこで見付けたのでしょうか? ストレートで稼いだのですか?

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。