2017 T1 BARCELONA TESTING

20170302-01

 

 2017年最初の合同テスト4日目には、マクラーレン・ホンダは67周を走りテストプログラムを順調に消化した。

 

 前半2日間でのつまずきを取り戻すことができたというが、チームの雰囲気は今ひとつ盛り上がっていない。そのつまずきよりも、タイムシートの下位に沈んでいることがその理由だ。

 

 長谷川祐介F1総責任者もその点を気にしつつも、まだマシンの基本確認やセットアップ作業のための数周ごとのランだけでタイム狙いの走りはしておらず、性能についてあれこれ語る段階ではないと4日間を総括してくれた。

 

ーーテスト4日目の内容はいかがでしたか?

「パワーユニット自体は新しいものに交換しましたが、セットアップは特に何も変えずに走りました。交換したのは、色んなパーツを試しているんですが、ひとつのパワーユニットを降ろしてパーツをあれこれ交換してまた載せるというようなことをすると時間が掛かってしまいますから、先に別のパワーユニットに組み付けておいて準備しておいたんですね。2日目のパワーユニット以外は壊れていませんし特に問題は出ていませんけど、そういうテストする部品を交換する都合上、こういうスケジューリングになっているんです」

 

ーーそれはどういうパーツですか?

「いわゆるメンテナンスパーツ(消耗品)とか、テストしてみたいパーツですね」

 

ーー2日目のトラブルは究明できたんでしょうか?

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Calendar【日付で記事検索】

2017年5月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031