2016 Rd.20 BRAZIL

20181118-00

 

 第20戦ブラジルGPは、今季初の完全ウエットレースとなりました。そのため2度の赤旗と2度のセーフティカーを挟んだウエットタイヤとインターミディエイトタイヤのタイム分析となりますが、ルイス・ハミルトンが他を寄せつけることなく完全勝利。タイトルを争うニコ・ロズベルグは全く歯が立たなかったどころか、レッドブルのマックス・フェルスタッペンに抜かれる場面もあり、彼らがインターミディエイトに交換する戦略ミスを犯していなければ2位の座は危うかったでしょう。

 

 後方ではセルジオ・ペレスが長く表彰台圏内を走行し、スピンで大きく後退したセバスチャン・フェッテルはセーフティカーによる挽回でカルロス・サインツを抜いて5位まで回復、フェルナンド・アロンソは7位を走行していたものの最後のスピンが響いて10位に終わりました。

 

 実際の各チーム各ドライバーのペースがどうだったのか、決勝の全車全ラップタイムを分析してみましょう。

  

20181118-01

 

 下地の色は青がウエットタイヤ、緑がインターミディエイトタイヤを表わしています。タイムの赤字はピットストップ、青字は自己ベストタイムを表わしています。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。