2014 Rd.16 RUSSIA

20141019-01

 

 美人広報として有名になったトロロッソのマリールイーゼ・マミチが、ロシアGPを最後にF1を離れることになった。ドイツ人の父と日本人の母を持ち、4歳から18歳まで日本で育った(芦屋育ちなので関西弁の方が)。2005年にトヨタの広報スタッフとして採用されて、08年にはトロロッソに移籍。10年間のF1生活の締めくくりに、今の気持ちを語ってもらった。

 

ーーこれでF1での最後のレースが終わってしまったけど、どんな気持ち?

「まだ実感はないですね。でも、大変だったけど自分の担当する仕事はきちんと果たせたかなという気はしますね。レースはこれで最後ですけどチームのみんなとはこれでお別れじゃなくて、まだこれからファクトリーのオフィスに戻ってしばらく仕事もありますしね」

 

ーー担当のダニール・クビャトの地元レースまではこの仕事を続けたいということで今回のロシアGPを最後のレースに選んだということだけど、ダニールからはハグとかしてもらった?

「いや、さすがにそれはないですけど(苦笑)、インタビューの前にはちょっと話をしました。プライベートなことだから内容は言えませんけど、『今までよく頑張ってくれたね』って言ってくれました。予選では5位っていう最高の結果だったからハグしましたし、オーストラリアの入賞のときも、最後尾から追い上げて入賞したときもそうだし、今シーズンだけでも10回どころじゃないですけどね(笑)。彼とは本当に良い関係でずっとやってこられましたからね」

 

ーー今回は地元レースでプレッシャーも感じているようだった?

「初めてのホームグランプリで、ロシアGPも初開催で、サーキットで唯一のロシア人ドライバーでしたからね。プレッシャーというよりも彼に取材したい人とか(挨拶のために)会いたいという人とか、その数は本当にものすごかったですから、そういう意味で大変だったと思います。彼自身もできるだけ協力したいという気持ちでやっていましたしね」

 

ーー担当広報としても大変だった?(苦笑)

「うん、大変でした!(苦笑) 今まででトップ3に入るくらい大変なレース週末でしたね〜。地元のメディアの人たちはきちんと順番も守って取材してくれるし思っていたよりも全然マナーも良かったんですけど、現場に来てからの取材申込も結構多くて、それを調整して応えるのがすごく大変でした。ダニエル(・リカルド)くんの初地元レースだった2012年オーストラリアも大変でしたけどね。あとモナコGPはいつも大忙しだし。でも今週末は自分の中でも精一杯やれるだけのことはやったという手応えのある週末でした」

 

20141019-02

 

ーー彼に贈る言葉は?

「彼はいつも精一杯やっているんで、レッドブルに行っても変わらず頑張って欲しいですね」

 

ーールイーゼが担当したドライバーはみんな飛躍するっていうジンクスもあるし?

「はい、みんな大成長してますからね!(セバスチャン・フェッテル、ダニエル・リカルド) みんなこれからのチャンピオンですから。彼も大丈夫ですよ!」

 

ーー今まで2005年から10年間のF1人生で、一番印象に残っているのは?

「う〜ん、トロロッソがモンツァで優勝したときですね、2008年。あの時は私はまだこのチームに加わったばかりで、現場には行っていなくて自宅で見ていたんですけど、チームの一員として感動しましたね。2005年マレーシアGPのトヨタが初めて表彰台に上がったときも感動的でしたけどね」

 

ーーこれまでのF1生活を振り返ると?

「10年間、本当にあっという間でしたね。最初にF1の世界にやって来たときは、(トヨタF1チームの運営母体であるTMGで)1年だけっていう契約だったんです。それが1年経って延長されて、気付けばあっという間に10年という感じです。いろんな経験をして、楽しいことも大変なこともいろいろありましたけど(苦笑)、それを乗り越えてここまで来ました。まぁそれはプレスオフィサーなら誰でも経験することだとは思いますけどね。

 みなさん、今までどうもありがとうございました。これからはケルンのトヨタ自動車の市販車部門に移って広報のお仕事をします。昔の勤め先(TMG)の道を挟んで向かい側に戻ることになりました。モータースポーツ活動との橋渡し役をしていくので、TMGの昔の同僚とも一緒に仕事をしていきますし、トヨタが参戦しているWEC(世界耐久選手権)の仕事もしていきますので、またみなさんにお目にかかることもあると思いますし、今後ともよろしくお願いしますね」

 

20141019-03

 

(text and photo by 米家 峰起)

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2018年4月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30